3−1−1 初期利用
「税理士いらず」をご利用になるために必要な初期登録データを作成します。
「初期利用」メニューでは、決算書・申告書を作成するために必要となる会社基本情報の登録や
前期決算書・前期申告書の期末残高の入力をします。
また、銀行登録では、勘定科目の預金科目と取引銀行の法人口座の関連付けを設定します。

1.ツールバーの「初期利用」ボタンをクリックするか、または、「ファイル」メニューの「初期利用」を選択します。

 

2.左側のサイドメニューに表示されているシーケンスに沿って必要な情報を登録します。
  設定が完了したら、次へボタンをクリックすると、次の設定に進みます。
  「初期利用」メニューで設定した登録情報は、後からでも、変更可能ですので、分からない場合は、
  そのまま処理を進めるか、仮の設定を登録しておいて、後で、正しい設定を登録しても問題ありません。
  ただし、「会社基本情報」の決算期会計期間会計データのデータ名と保存フォルダは、
  後から変更することはできませんので、慎重に設定してください。
  また、「初期利用」メニューで登録する設定項目が正しくないときでも、決算申告処理は行えますが、
  正しい決算書や申告書は作成されませんので、決算処理を開始する前には、正しい設定に登録しておく
  必要があります。



初期利用メニューの流れについては、2.簡単な使用方法 の以下の項を参照してください。
  2−2.初期利用


前のページへ   目次に戻る   次のページへ