3−3−2 勘定科目
勘定科目の追加、削除や期首残高の設定を行います。
ただし、損益科目の期首残高は、すべて0なので、期首残高の入力はできません。
「前期貸借対照表の取込」メニューで、勘定科目を追加した場合は、この勘定科目メニューにも反映されますが、
勘定科目メニューで、科目を追加しても、「前期貸借対照表の取込」メニューには反映されません。
当期の決算書を作成するためには、勘定科目メニューの期首残高をベースの金額とするため、問題ありません。
また、勘定科目メニューの期首残高は、元帳の繰越残高として表示されます。

1.「設定」メニューの「勘定科目」を選択します。



2.「勘定科目」ウィンドウが表示されます。



画面上部のタブを選択すると画面が切り替わります。

貸借科目
「税理士いらず」を初めて導入したときには「初期利用」メニューで期首残高が設定され、
決算期の切り替わりのときには、「次年度更新」を実行することにより、自動的に各勘定科目毎の期首残高に
金額が設定されます。
修正する場合は、該当する勘定項目の期首残高をクリックして、キーボードより入力します。
画面右下に借方残高合計、貸方残高合計、貸借合計差額が表示されますので、借方残高合計と貸方残高合計の
金額が等しく、貸借合計差額が0になっていることを確認します。
新設法人(決算期が1期目)の場合には、「初期利用」メニューで設定した資本金の額が、現金/資本金として、
  「勘定科目」メニューの期首残高に設定されます。資本金がすべて現金でない場合や、現物出資等が
  ある場合には、このメニューで、期首残高を変更してください。

損益科目
損益計算書の勘定科目毎に、期首残高が全て0で表示されています。
この画面では、期首残高の入力はできません。

新しい勘定科目を追加します。



追加した勘定科目は、青色で表示され、勘定科目名を変更することができます。
既定の勘定科目名は変更することはできません。
また、追加した勘定科目についても、勘定科目名以外の項目を変更するときには、一旦、追加した勘定科目を
削除してから、もう1度、追加する必要があります。

追加した勘定科目を削除します。


注意 使用中の勘定科目は削除することができません。


ボタンをクリックすると、修正内容を保存して、ウィンドウを閉じます。


前のページへ   目次に戻る   次のページへ