3−3−5 前期申告書の取込
当期が2期目以上のときには、前期の法人税申告書の別表、内訳書の記載項目のなかで、
期末残高等の当期申告書への引継ぎ情報を入力する必要があります。

 注意: 「税理士いらず」が、前期申告書の入力を要求するのは、当期の申告書作成のために必要な
      前期末残高やその他の補足情報を収集するためです。
      したがって、当期の申告書作成のために関係のない前期の別表、内訳書については、
      入力する必要はありません。
      たとえば、前期申告書の別表四は、当期の別表四作成のために不要なので、
      入力する別表の選択肢にもありません。

1.「設定」メニューの「前期申告書の取込」を選択します。



2.「前期申告書選択」ダイアログが表示されます。



まず、お持ちの前期の法人税申告書の様式を確認して、表示されている様式と違う場合には、
前期申告書様式を再選択してください。
表示されている別表、内訳書の一覧の中で、現在、お持ちの前期の別表、内訳書にチェックを付けます。
太字で表示された別表、内訳書は必須なので、予めチェックが付いています。
「設定」ボタンをクリックすると、「前期申告書の取込」ウィンドウが表示されます。



別表、内訳書の様式が画面に表示されるので、前期申告書を見ながら必要な箇所にキーボードから
金額、文字列等を入力します。
入力可能な枠内は水色で表示され、マウスをクリックして入力可能になった枠内は黄色で表示されます。

画面上部の ボタンをクリックすると、画面の用紙が拡大され、ボタンをクリックすると、
画面の用紙が縮小されます。

コンボボックスでは、直接、縮尺の%か、幅に合わせ高さに合わせを指定できます。
幅に合わせを選択すると、画面の幅一杯に用紙が表示されるように縮尺が調整され、高さに合わせを選択すると、
画面の高さ一杯に用紙が表示されるように縮尺が調整されます。

ボタンをクリックすると、確認後、入力したデータが全てクリアされます。
ボタンをクリックすると、確認後、入力したデータを登録し、次の別表(または内訳書)の入力に移ります。
次へ ボタンをクリックして、1つの別表等の登録が完了すると、画面左側の「取込済み」一覧には、
  該当する別表等に、チェックマークが表示されます。
  「税理士いらず」は、このチェックマークが付いている前期の別表等をお客様が正しく登録確認済みの
  前期別表等とみなしますので、「取込済み」一覧の中にチェックマークが表示されていない別表等が存在する
  場合には、決算処理を行う際に、警告メッセージが表示されます。
  前期の別表等を登録、確認した後は、必ず、画面右上の次へボタンをクリックして処理を進めてください。

画面左下の、
は、複数ページある別表で、左右のボタンで表示するページを変更します。
 注意:  前期の別表十六を複数枚お持ちの場合には、ページを切り替えて、すべて入力してください。

は、タブを選択する事により、表示する別表、内訳書を
変更します。

「初期利用」メニューから、この画面を開いた場合は、すべての別表、内訳書を入力後  ボタンを
クリックすると、入力した別表、内訳書が登録されて、次の銀行登録画面に進みます。


前のページへ   目次に戻る   次のページへ