「税理士いらず」の28年度版への移行手順についてのご案内
  「税理士いらず」は平成28年度版に年度更新されました。
  28年度版リリースの詳細については、28年度版リリースのご案内ページをご確認ください。
  「税理士いらず」28年度版では、ライセンスキー体系が変更されたため、
     27年度版のライセンスキーはご利用になれません。
  27年度版をご利用中のお客様は、
     バージョンアップ手続きを行い、新たなライセンスキーをご購入ください。
    28年度版へのバージョンアップ手続きの詳細については、ご購入手順のご案内ページをご確認ください。
     なお、平成28年6月1日以降に、「税理士いらず」27年度版を新規ご購入のお客様は、
     無償バージョンアップとさせていただきます。
     (無償バージョンアップのお客様も、バージョンアップ手続きを必要とします)
  ここでは、「税理士いらず」27年度版を現在ご利用中のお客様が、28年度版へ移行するための操作手順について、
  ご案内させていただきます。
   26年度版以前のバージョンから、28年度版へ移行する場合には、以下の説明で、「27年度」を、
    これまでに、ご利用中の年度に読み替えてください。
  なお、以下のご案内手順は、
      同一年度版にて最新バージョンと差替える場合にも、同様の手順
  となりますので、ご参考ください。
  (同一年度版の最新バージョンとお差替えの場合は、同じライセンスキーをご利用ください)
 ●「税理士いらず」27年度版から28年度版への移行手順
  ● ステップ1:現在ご利用中の会計データのバックアップ
  ● ステップ2:27年度版のアンインストールと28年度版のインストール
  ● ステップ3:新ライセンスキーの入力と会計データの登録
  ● ステップ4:申告書様式を28年度様式に変更
  ● 体験版をご利用中の方は。。
  現在ご利用中の会計データのバックアップ
   「税理士いらず」28年度版は、27年度版でご利用中の会計データをそのままご利用になれるように、会計データの
   上位互換性が確保されていますが、下位互換性は確保されていません。
   (27年度版のデータを28年度版でご利用になれますが、28年度版のデータを27年度版ではご利用になれません)
   万が一のトラブルに備えて、28年度版ご利用開始前に、現在ご利用中の会計データをバックアップ保存されておくことをお勧めします。
   ※28年度版のリリーステストでは、会計データの上位互換性機能については、万全のテストを行っておりますが、万が一のデータ破損等
     については、復旧の保証を致しかねますので、ご了承願います。
   会計データのバックアップ方法には、以下の2通りの方法がございます。
    1) バックアップファイルを作成
      現在、ご利用中の27年度版を起動して、ファイル->バックアップメニューを選択して、適当なフォルダに、
      バックアップファイルを作成して保存してください。
      27年度版でバックアップされたバックアップファイルは、いつでも、復元することができます。
      バックアップファイルは、ファイル->データ選択メニューに登録されている各々のデータについて個別にバックアップする必要が
      ありますので、ご注意ください。
    2) データフォルダごとバックアップ
      「税理士いらず」の既定の設定では、会計データは、C:\account フォルダ内に、ご登録された会社名をフォルダ名として、
      その配下に作成されます。この「会社名フォルダ」をそのまま、他のフォルダなどにコピーして保存します。
       お客様が、会計データの初期登録時に、会計データの保存先を既定の設定以外のフォルダに指定した場合には、
        C:\account フォルダ ではなく、お客様が指定されたフォルダに会計データファイルが保存されていますので、御注意ください。
  27年度版のアンインストールと28年度版のインストール
   「税理士いらず」の28年度版をご利用になるには、一旦、インストール済みの27年度版プログラムをアンインストールして、
   再度、28年度版プログラムをインストールする必要があります。
   以下の手順で、アンインストールと再インストールを行います。
    1) ホームページから、体験版をダウンロードします。
       ご利用のブラウザソフト(たとえば、IE9など)によっては、ダウンロード時に、
        「ダウンロードしたユーザの人数が少ない」、「問題を起こす可能性がある」などの強い表現で、
        警告メッセージが表示されることがありますが、体験版ファイルは、充分なウィルスチェックテストが
        施されていますので、警告は無視してから、安心してダウンロードしてください。
    2) ダウンロードした体験版ファイル z-irazu.exe をダブルクリックして起動します。
      既に、「税理士いらず」がインストールされている場合には、アンインストールが開始されますので、
      そのまま、一旦、アンインストールします。
      (アンインストールしても、データは削除されません)
       コントロールパネルもしくは、Windows のスタートメニューからのアンインストーラを使ってアンインストールしてもかまいません。
    3) もう1度、ダウンロードした体験版ファイル z-irazu.exe をダブルクリックして起動します。
      今度は、28年度版のインストールが開始されます。
      ご注意: 「税理士いらず」の体験版インストールファイル名は、バージョンや年度に関係なく、すべて、z-irazu.exe というファイル名です。
            誤って、お客様が、以前ダウンロードした旧バージョンの体験版ファイルををインストールしないように、御注意ください。
            「税理士いらず」のバージョン番号は、ヘルプ->バージョン情報メニューにて、確認できますので、
            初回起動時には、必ず、バージョン番号をご確認ください。
            28年度版のバージョン番号は、Ver 11.xxx という番号になっています。
    4) インストールが完了すると、はじめにお読みください という readme ファイルが強制表示されますので、必ず、ご確認ください。
      この readme ファイル には、インストールしたバージョンについての動作環境や、機能制限、既知の問題点や回避策などの
      ご利用のための重要な情報が記載されています。
      なお、readme ファイルは、「税理士いらず」のプログラムフォルダに組み込まれていますので、後からでも確認できます。
  新ライセンスキーの入力と会計データの登録
   インストール済みの「税理士いらず」28年度版を起動すると、「製品登録」画面が表示されますので、
   新たに購入された28年度版用のライセンスキーを入力して、「登録」ボタンをクリックします。
    体験版としてご利用中のお客様は、27年度版と同様に、体験版ボタンをクリックして、継続して体験版としてご利用ください。
   「税理士いらず」が起動したら、ファイル->データ選択メニューを選択して、登録済みデータ一覧をご確認ください。
   通常は、27年度版でご利用中だった会計データは、そのまま、28年度版でも登録状態が継承されてますので、
   そのまま、継続して作業を進めることができます。
   もし、登録済みデータ一覧に、お客様が27年度版で作成された会計データが登録されていなかったら、
   「データ登録」ボタンをクリックして、お客様が作成した会計データフォルダを指定します。
   データフォルダ名は、既定の設定では、
      C:\accout\会社名\第X期データ
   というフォルダ名になっていますので、必ず、第X期データ というフォルダ名を指定してください。
   (一度、28年度版で登録されたデータは、27年度版ではご利用になれませんので、ご注意ください)
  申告書様式を28年度様式に変更
   お客様が27年度版で作成した28年度用の会計データが登録されている状態でも、
     まだ申告書様式は27年度様式として登録されています。
   「設定->会社基本情報」メニューをご確認ください。
   登録されている会計データの
     会計期間の期末日の設定が平成28年4月1日以降の場合には、
     申告書様式のプルダウンメニューをクリックして、「平成28年4月1日以降終了事業年度分」を再選択
   してから、「設定」ボタンをクリックしてください。
   なお、マイナンバー制度の創設に伴い、28年度申告書様式は、以下の2種類がありますので、会計期間の期首日の設定に
   したがい、適切な申告書様式を選択する必要があります。
        28年4月1日以降終了事業年度(28年1月1日前開始分)
        28年4月1日以降終了事業年度(28年1月1日以降開始分)
    会計期間の期末日が、平成28年3月31日以前であれば、通常は、申告書様式の再設定は必要ありません。
     誤って申告書様式を再設定されますと、27年度データについても、再決算の操作が必要となりますので、ご注意ください。
   この再設定により、「税理士いらず」は、当該会計データに対して28年度申告書様式を割り付けます。
   この場合、決算調整処理は、やり直しになりますので、決算書を再作成して申告書を再確認してください。
   以上の手順で、「税理士いらず」28年度版を通常にご利用になれます。
  体験版をご利用中の方は。。
   体験版をご利用中のお客様も、上記と同様の手順で、28年度版の体験版を継続してご利用になれます。
   ただし、試用期間については、27年度版の試用期間が継承されますので、ご利用になれる試用期間は、
   27年度版をインストールした日から、30日間となります。
Copyright (C) 2017 I Software Inc. All rights reserved.