14. 消費税申告書の記述詳細について
       前の質問 : 14−1 第27の(1)号様式 消費税及び地方消費税の確定申告書(一般用)
               14−2 付表2 課税売上割合・控除対象仕入税額等の計算表(一般)
               14−3 第27の(2)号様式 消費税及び地方消費税の確定申告書(簡易課税用)
  14−4 付表5 控除対象仕入税額の計算表(簡易)
 
 
  付表5は、簡易課税の場合に、第27の(2)号様式とともに作成されます。
   1) 課税標準額に対する消費税額
     「1 課税標準額に対する消費税額」には、第27の(2)号様式の「2 消費税額」が引用されます。
   2) 控除対象仕入税額
     「5 1種類の事業の専業者の場合(控除対象仕入税額)」には、会社基本情報で設定された事業区分にしたがい、
     みなし仕入率が設定され、そのみなし仕入率に対応した控除対象仕入税額が設定されます。
  「税理士いらず」は、簡易課税の場合には、事業区分が1種類の場合のみ消費税申告書の記述をサポートしていますので、
  事業区分が2種類以上の場合には、会社基本情報の設定にて、申告調整しないに設定してから、付表5および、
  第27の(2)号様式をマニュアル記述する必要があります。
   関連情報:
     オンラインヘルプ -> 3−3−3 会社基本情報
     オンラインヘルプ -> 3−7−3 消費税
     申告書サンプル -> 付表5 控除対象仕入税額の計算表(簡易)
 
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       


Copyright (C) 2019 I Software Inc. All rights reserved.