5. 操作方法について
       前の質問 : 5−1 もっとも簡単な操作方法を教えてください。
               5−2 決算調整とは、何ですか?
               5−3 キー項目とは、何ですか?
               5−4 第1摘要とは、何ですか?
               5−5 「一口ヘルプ」とは、なんですか?
               5−6 エクセルで作成した出納帳を使えますか?
               5−7 キーデータファイルとは何ですか?
               5−8 他社の会計ソフトの仕訳データを使うことはできますか?
               5−9 「次年度更新」処理での「申告書イメージの作成」とはなんですか?
  5−10 試算表と決算書は、どう違うのですか?
 
 
  試算表は、お客様が取引仕訳を入力した状態で集計されたものです。
  試算表には、仕訳の集計結果として貸借対照表や損益計算書が含まれますが、確定された決算書ではありません。
  確定決算書は、さらに、減価償却や未払法人税計上などの決算仕訳を追加して作成されます。
  「税理士いらず」は、「決算書作成」ダイアログにて、順次、該当するボタンをクリックすると、決算調整処理を行い、
  決算仕訳を作成します。
  決算調整処理が完了すれば、当期の決算が確定しますので、「決算書」ボタンがクリック可能になります。
  決算調整処理についてのより詳しいご説明は、ホームページのとてもよくあるご質問をご確認ください。
   関連情報:
     オンラインヘルプ -> 4−3 決算処理
       次の質問 : 5−11 仕訳の修正方法を教えてください。
               5−12 元帳の繰越残高はどのように変更するのですか?
               5−13 月毎の試算表を作成することはできますか?
               5−14 前期の決算をやり直すことはできますか?
               5−15 複合仕訳を作成することはできますか?
               5−16 前期の決算が確定してなくても当期の仕訳を入力できますか?
               5−17 諸口科目を使うことはできますか?
               5−18 預り金科目と源泉税等預り金科目はどう違うのですか?
               5−19 預金の受取利息の仕訳はどのように作成したらよろしいのでしょうか?
 
       
       
       
       
       
       
       
       


Copyright (C) 2022 I Software Inc. All rights reserved.