8. 消費税の処理について
       前の質問 : 8−1 消費税に関する対応機能について教えてください。
               8−2 仕訳毎に「課税区分」を変更できますか?
               8−3 前期まで税抜き経理だった場合は、どのように処理すればいいのですか?
  8−4 簡易課税の事業区分が2種類以上の場合でも利用できますか?
 
 
  「税理士いらず」は、簡易課税の場合は、事業区分が1種類のみの場合に対応しています。
  簡易課税の事業区分が2種類以上の場合は、原則として、会社基本情報の設定で「申告調整:しない」と設定して、
  税額の計上に関わるすべての決算仕訳をお客様自身で作成していただいた上で、所得と税額に関わる別表については、
  すべてマニュアル記載する必要があります。
  ただし、この方法の場合、決算書、申告書の作成にかなりの労力と税務知識等が必要になりますので、「税理士いらず」の機能を
  最大限利用した形での対処方法を導入ご相談事例集ページにてご案内しておりますので、ご参考ください。
   関連情報:
     導入ご相談事例集 -> 簡易課税の事業区分が2種類以上の場合
     オンラインヘルプ -> 3−3−3 会社基本情報
       次の質問 : 8−5 消費税の還付が発生する場合は、どうすればいいのですか?
 
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       


Copyright (C) 2022 I Software Inc. All rights reserved.