2. 動作環境と導入手順ついて
       前の質問 : 2−1 動作環境として、どのような機器類を用意すればよろしいのでしょうか?
               2−2 インターネット接続環境は、必須ですか?
               2−3 具体的にどのような手順で導入すればいいのでしょうか?
               2−4 Windows 10 には対応していますか?
               2−5 パソコンを買替えても継続して利用できますか?
               2−6 旧年度版を配布してもらえないでしょうか?
  2−7 バージョンアップは、必ずしなくてはならないのでしょうか?
 
 
  バージョンアップをするかしないかは、お客様のご判断となりますが、弊社では、毎年、年度更新されることをお勧めしております。
  年度更新しない場合でも、お客様サポート等はさせていただいておりますが、年度更新をされないお客様の場合、
  以下のような不利益が生じますので、予めご承知おきください。
   旧年度版ご利用のお客様は、新しい年度の税制改正対応の申告書を作成することができません。
   申告書様式についても、新しい年度の様式は、ご利用になれません。
   通常、年度更新に合せて、機能追加や機能改善されていますが、旧年度版ではご利用になれません。
   機能改善だけでなく、出荷テスト段階で想定できなかった不具合などについても対処されていますが、
    そのような問題についてお問合せいただいた場合に、新バージョンへの差し替えをお勧めすることになります。
   弊社では、年度更新の際に、前年度版をご利用のお客様には、バージョンアップ手数料という形で、
    新年度版のライセンスキーを発行する割引サービスを実施しておりますが、前年度版のライセンスキーを
    お持ちでない場合には、この割引サービスの対象外となり、新規ご購入いただく必要があります。
  なお、前年度版から新年度版へのバージョンアップ手続きの受付は、販売システム更新の関係で、
  新年度版のリリース開始前に締め切りとなりますので、お早目の更新手続きをお勧めします。
  (今後、令和2年度版リリース前に、30年度版から31年度版への年度更新受付は、終了します)
   関連情報:
     31年度版リリースのご案内
       次の質問 : 2−8 ライセンスキーを再発行してもらえますか?
               2−9 新しい年度のバージョンがリリースされるまで次年度のデータは作成できないのですか?
               2−10 64 bit 版の Windows でも動作しますか?
               2−11 マイナーバージョンアップするにはどうしたらいいのですか?
 
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       


Copyright (C) 2019 I Software Inc. All rights reserved.